毎日漫画を買っています。

漫画本は白黒の出版が多い

小説においては、白い紙に黒いインクで文字が書かれています。表紙などはその内容に合わせて絵などが描かれていることもありますが、文章部分は白と黒になります。文章のみですからカラーである必要はありません。写真が使われたりイラストが入ったりすることもありますが、その時でも基本的には白黒になっています。新聞でやっとカラーのものが出てきましたが、以前は白黒でした。小説においても長らく白黒のみになっているのです。

漫画本の場合も同様になります。週刊誌等で巻頭では一部カラーのことがあります。それでも全編カラーになることはなく、内容の半分ぐらいです。その他は白黒になります。色については想像しながら見ることになります。

単行本になると、表紙が付き、主人公などの色がわかることがあります。この人は何色の服を着ていた、この家は何色だったとそこでわかることになります。テレビでアニメ化されるとより色についてわかるようになります。

そのほかお薦め記事

おすすめ!