毎日漫画を買っています。

漫画はどんな年代の人でも楽しめる

小さい子供は絵本から本に触れます。絵本は絵が書かれていて、そこに数行の文字が書いてあるものです。ほとんど読む作業はありません。言葉を知らないのですから、そういった本しか読めないのです。その後小学生になるとどんどん文字だけの本を読むことになります。それに抵抗を感じる子もいるでしょう。でもそういった子でも読めるものとして漫画があります。絵本に比べると文字も多くなります。絵があるのでストーリーがわかりやすいです。

子供にとって楽しめるもののイメージですが、大人でも楽しめます。書店に行くと、子供向けの雑誌の他に大人向けの雑誌もあります。子供向けのものは主人公が子どもや高校生などですが、大人向けになるとおとなになります。また、ビジネス系であったり、グルメ系など興味のある内容にあわせてくれています。

内容についても実際のことを元にしているので、知識が得られることもあります。どの世代でも楽しめるように出されているのです。

そのほかお薦め記事

おすすめ!