毎日漫画を買っています。

楽しく漫画を読む心構え

「漫画を読むとバカになってしまうから、読むんだったら小説の方が良い」「コミック雑誌はオタクのもの。大人になってまで買うのは恥ずかしい」という話を耳にすることがあります。ですが、それは本当なのでしょうか?

日本のコミックに代表されるサブカルチャーの水準はとても高く、それは海外にも根強い愛好家がいることで証明されています。漫画と小説の違いは「読みやすさ」にこそあると思います。例えば三国志を小説で読もうとすると、分厚さで取りかかりから挫折してしまいそうな印象がありますが、まずコミカライズの読みやすさで世界観に触れてから小説を読む、という読み方なら挫折は少ないです。

もちろん、過激すぎる描写などで、青少年にはよくない内容のものも存在します。コミックを読み過ぎれば、確かに他のことは留守になってしまいます。しかし、それはスポーツでも音楽でも同じ事です。節度を守って、大人も子供も楽しく漫画を読めればいいですよね。

そのほかお薦め記事