毎日漫画を買っています。

漫画は感動することができる

涙もろくて困る人がいるようです。映画であったりドラマなどで感動的なシーンが出てきたら必ず目頭が熱くなってしまうのです。周りの人は泣いていないのに一人で泣いていることもあります。何にでも感動できるのは良いことでしょう。それだけ感性が豊かである証拠です。子供の頃はあまり感動する機会がありません。楽しいことはわかるのですが、感動することがどのようなことかわからないのです。大人になるにつれて徐々に分かるようになります。

子供が感動を知るものとしては漫画があるかもしれません。本などでは文章のみなので様子がわからないことがありますが、文章以外にイラストもあります。表情であったり、風景などもわかります。主人公が泣いていたり、笑っていたりもわかります。より感動しやすくなっているのです。ドラマになるとまだ難しすぎても、アニメであれば内容もわかりやすいです。

自分自身がどのようなことに感動しやすいかなども知ることができるようになります。

そのほかお薦め記事