毎日漫画を買っています。

漫画を描く為に必要な道具とは

漫画といっても簡単なものなら紙と鉛筆さえあれば書く事は可能です。ですが、一般的に販売されている漫画となるとペン入れという事が施されています。最近ではパソコンなどの物理的な物ではない物も多くありますが、ここでは物理的な漫画を描く為の道具を紹介します。まず、原稿用紙です。普通の紙でも問題はありませんが、漫画用の原稿用紙には枠線が引いてあり目安がつくためとても便利です。次に鉛筆と消しゴムが必要です。これは下書きを書く為に必要になります。特別専用の鉛筆とかは無い為、自分の書きやすい鉛筆で大丈夫です。

次に下書きにペン入れをする為につけペンとインクが必要です。Gペンや丸ペンといった名前のついたペンを用いて、インクを付けて下書きの上に主線を書き込みます。その他には、黒く塗りつぶすべた塗り用で筆ペンや、白い個所を付ける為にホワイトを使用したりします。また、スクリーントーンという物があります。背景だったり登場人物の洋服の柄などは、スクリーントーンを利用すると便利です。そして、そのトーンをカットする為のカッターも必要となります。後は線を引く為の定規なども必要です。このように、漫画を描く為にはたくさんの道具が必要となります。

そのほかお薦め記事

おすすめ!